10月10・11 日の小畔川

画像
昨日らいの雨が、昼には上がり国交省のホームページで水位を確認すると、いつもより20cmの増水。

良い感じなのでは、との思いで夕方から出掛けました。

鉄橋上流から川の様子を確認すると、笹濁りです。

川面は沈黙していますが、対岸にはダウンでオイカワを掛けて居るフライマン。
吉田橋下流には、いつもの餌師が陣取って居ます。

ここは、そのまま高橋へ。
途中、餌釣りの方々が出て居ましたが、高橋は貸し切り状態。(^_^)

高橋下流の瀬頭で、時折、良さそうなライズが有ります。

ソラックスタイプのドライを結び、先ずは流芯の手前をアップクロス気味に投げて見ると、少しドラッグフリーで流れるフライに、良型が反転浮上して、フライをパックリ。(^_^)
久しぶりに、お魚がフライをくわえる所を見れて、嬉しく成っちゃいました。

今日のオイカワは、フライが着水と同時に反応するより、少し流れてから食って来ましたので、その後は、ダウンクロスに投げて上流にメンディングを入れてからラインを送り込みドラッグフリーに成る様にした方が、12~13cmクラスの反応が良かったです。

暫く、流芯の手前でオイカワのパックリを見せて貰って居たら、明らかにサイズの違うライズが、流芯の奥の瀬頭で有りました。

そんな時に、jetpapaさんが対岸に登場。飛び石を渡り、高橋下流に。
jetpapaさん曰く「今日は、此処が一番良いのでは…」とのこと。

先ほど見たライズの話しをしていると、突然、流芯手前で始めました。
何に反応したのか、群れで明らかにデカイのがライズ、ライズ、ライズ。

呆気に取られて見て仕舞いました。(^_^;)
魚種は、判りませが15cm以上は有るサイズに思いましたが、数秒後に沈黙。

暫く、流芯手前を流して見ますが…。(^_^;)

再び、流芯奥の瀬頭を流していると、デカイのが出ましたが…、合わせ切れ。
(._.)

その後、もう一度、流芯手前で群れのライズが有りましたが、やはり数秒後に沈黙。

翌朝のリベンジを胸に、納竿です。


明けて11日の朝、高橋下流にはjetpapaさん。

昨夕より、10cm程水位が下がり、濁りも落ちています。
相変わらず、瀬頭には良型が着い居ますが、昨夕のライズの主は居ない様です。
そんなところに、プラントFさんが登場。「お久です」とご挨拶。

ここで、新作ラインを頂いちゃいました。

ありがとうございます。

今朝もライズの主は不明のままで、納竿。

帰りに、原チャでヒヤリハット。
こんな日は、ハインリッヒの法則に則り、お家でビール、ビール、ビール。
(*^^*)


………………………………藪次郎

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

jetpapa
2010年10月16日 05:12
 あのライズは何だったんでしょうね??

 ドキドキして興奮しました。
 15日の夕方も同じようなライズが出現。
 フライを無視して下流に行ってしまいました。

 一度だけ瀬頭でドバっと出ました、例の奴です。
 鈎掛かりせず!

 楽しみはとっておきましょ。
 今朝も行きますよ。
藪次郎
2010年10月16日 09:25
おはようございます、jetpapaさん。

思い切りの寝坊です。
夕方に出撃します。

この記事へのトラックバック